2009年08月30日

速報

世は衆議院選まっただ中の本日、
名古屋市女性会館でVibracion Cajonの体験会が行われました


会場の都合上2時間と限られた体験会の中で、
来場体験してくれた方は全部で63名でした
時間中は途切れることの無かったお客さんに対して
導入としてベースの振動を送ること、体験者の様子を観察することに終始していました
IMG_0406s.jpg
こういう体験の場は、私にとっては格好のバージョンアップ材料となります
体験する人を観察しながら、何が足りないのか、何があったらよりよいものになるのかをずっと考えていました
人に見せることで、自分の作った物の新たな一面を見ることができます

今回 よい道具は、よい使い方と共にある
というスローガンのもと、後援会の中でVibracion Cajonの特性をしっかりと体験できるファシリテートの方法を探り、それを実施することができました
来場された方が、最初は振動に驚きつつも、
最後はそれを楽しんで満足げに帰られた姿を多く見ることができ
Vibracion Cajonを作って本当によかったと思います
IMG_0404s.jpg

今回の体験で得た経験や意見を基に、更によい打楽器インタフェースを制作していこうと思います
この場を借りて、総勢19名の後援会メンバ、ボランティアの方々に深く御礼を申し上げます
そして、これからもよろしくお願いします
posted by kanejun at 23:20| 滋賀 ☀| Vibracion Cajon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学院で製作したインタフェース"Mountain Guitar"について
この本の中で書いています
ani_oyaji1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。