2012年01月15日

craftROBOを使ったプロジェクトについて思うこと

先月、長野のコンサートのために、
叩くと光る指輪「Clap Light」を納品した
制作の過程はg-i-fのページで読めます

craftROBOを活用した初めてのプロジェクトだったので、
よかった点、思ったことをまとめてみた

■よかった点
・試行錯誤のための試作(プロトタイピング)スピードの向上
導入以前は、イラレで起こしたデータをプリント→ハサミでカット→テスト
だったのが、craftROBOの導入で
イラレからデータ送信→craftROBOで自動カット→テスト
となった。この差はでかい
ハサミでカットは、1回2回なら全然平気だが、回数が多くなってくるとさすがにきつい
特に後半、紙を折り曲げる際にcraftROBOで破線をプロットしており目をつけやすくしているが
こういった作業を、カッターでやると本当に骨の折れる作業になる

・デバイスが量産可能
craftROBOを使うと、「同じもの」がたくさんできるので、個人でのデバイス量産が簡単になる
「同じもの」をたくさん作るというのは、実はとても大変で、人間はそのうち飽きてくるのだが、コンピュータは全然飽きない

■思ったこと
・銅箔テープがカット可能なので、もっと複雑な回路が作れる
・銅箔テープで作った配線は、実体配線図のように回路の構造をわかりやすく視ることができるので
初心者向けのプロジェクトなどに向いている気がする

まとまり悪いので後日再度まとめます
posted by kanejun at 23:32| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | WORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/246341953
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

大学院で製作したインタフェース"Mountain Guitar"について
この本の中で書いています
ani_oyaji1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。