2012年01月16日

DSOnanoの電池交換

長いことお世話になっていたDSOnanoだが、電池の持ちの悪さが気になっていたので、この際に換装する

写真 12-01-16 23 12 56.jpg
蓋は両面テープで留まっているので、本体隙間から精密ドライバーをゆっくり入れ、こじるように外していく

写真 12-01-16 23 13 03.jpg
古いバッテリーを取り外す時、触ってみると、膨らんで(!)いた。。

写真 12-01-16 23 14 32.jpg
千石で売っていたもの。「v2用」とあるが問題ないのか?と店員に聞いてみたところ、容量に問題はないとのこと。
ただ、v1とは電池部のコネクタ形状が違うとのアドバイスを受けた

写真 12-01-16 23 16 13.jpg
たしかに、買ったこのバッテリーのシールドの先には、コネクタがない

写真 12-01-16 23 16 28.jpg
もともとついていた電池には、コネクタが付いている

写真 12-01-16 23 19 19.jpg
ということで、コネクタ付近を切断して、新しい電池をはんだ付け

写真 12-01-16 23 21 30.jpg
元通りに戻して、電源を入れると

写真 12-01-16 23 23 04.jpg
無事に起動。動作も問題ない

■まとめ
・v2用の電池もv1に使用可能。購入先はv1本体を購入した秋葉原の千石電気
・蓋は両面テープで留まっている。結構硬いので大変
 慌ててやると薄いアルミでできた電池蓋がどんどん曲がる
・電池の持ちが気になるようになったら、早いことやったほうが精神衛生上いい
 (展示とかに持って行くと、電池がすぐなくなってしまうのは不便だから。)

明日は、展示設営で長野です。早速明日持って行きます
1つ持っているだけで安心してしまう、お守りみたいなものです
posted by kanejun at 23:56| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | WORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変参考になりました。千石行ってきます。
Posted by kuw8823 at 2017年01月26日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

大学院で製作したインタフェース"Mountain Guitar"について
この本の中で書いています
ani_oyaji1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。