2007年04月19日

みんなのゲイナーカイダン、こけら落とし。

本日初台のICCにてレセプションパーティが行われました
いよいよみなさまにお披露目です。

3月上旬からグループで取り組んだ製作
ゲイナーカイダン
http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2007/Openspace2007/research_develop/gainerkaidan_j.html
階段という場所の特性を生かしたインスタレーションを心置きなくご堪能ください

このプロジェクトで学んだことは
・情報の共有
・全体のスケジュール把握
・「みんなががんばる」という信頼関係
この3点があれば過酷な状況でも
成し遂げることができるのだなと
あと
2点の強度の大事さ
・表現の強度:わかりやすいこと
・デバイスの強度:壊れないこと

この展示に際し
展示の場所を提供してくださったICC
設営に一緒に当たってくださった東京スタジオの方々
そして
ピン刺しを手伝ってくれた
パーツを提供してくれた
検証に参加してくれた
IAMASのみなさんに感謝します

そしてもちろん、プロジェクトメンバーのみんなにも!!

今回のゲイナーカイダンプロジェクトは
個人製作の上でもとてもいい起爆剤になった気がします
さぁ、これから個人研究に向けて一気にいきます

とうきょうメモ
・池袋、西口、きたない
・新宿、構内、おまつり
・池袋西口、ホルモン、おいしい
CIMG4716_512.jpg
posted by kanejun at 01:10| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | exhibition | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39306044
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

大学院で製作したインタフェース"Mountain Guitar"について
この本の中で書いています
ani_oyaji1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。