2008年09月07日

-回顧- Mountain Guitar@NHK WONDER STREET そのニー

前回の回顧録から引き続き


イベントで写真をたくさん撮ってくださったmu_15さんの記事
ヒトミリリィ〜代々木公園「NHK WONDER STREET」2008.8.16Vol.1
ヒトミリリィ〜代々木公園「NHK WONDER STREET」2008.8.16Vol.2
喜屋武ちあき〜代々木公園「NHK WONDER STREET」2008.8.16Vol.1

Mountain Guitarだけではありませんが、全てのインタラクティブなもののよさは
触っている人だけではなく、周りの人にも「考えさせる」影響を与えるところにあると思います

え、なんでそういうことになるの
あ、そういうことか
う、ちょっとさわってみたい
そういう思考の連鎖が
「体験者」とその周りの「体験者を鑑賞する”鑑賞者”」との間で
無意識の間に生まれる

それが発生する場に居れることが、展示する者の喜びです

フレクトリックドラムで遊ぶ馬場さんと私
ただ遊んでいるだけで、人は何だろうと思ってやってくる
非常に興味深い現象です

今回展示に誘ってくださった中尾さんは
インタラクティブだとかデジタルだとかそういう要素を
コミュニケーションを誘発するものとして使いたい
とおっしゃっていました
P8160292.JPG

今回の展示は、とてもよい実践になったのではないかと思います

Wonder Street展示にあたり
場を提供してくださったNHKの皆様
エンタープライズの皆様
ディレクションズの皆様
その他、お手伝いをいただいた全ての方々にこの場を借りてお礼を申し上げます
posted by kanejun at 09:09| 滋賀 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | Mountain Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

Mountain Guitar@ARS ELECTRONICA 2008

明日からオーストリア・リンツ市で開催される
メディアアートフェスティバル「アルスエレクトロニカ」で
Mounatin Guitarのデモビデオが上演される運びとなりましたので
僭越ながらご紹介させていただきます。

■Animation Next
Student Art Works from Japan Media Arts Festival
会期 2008年9月4日(木)〜9月9日(火)
会場 リンツ美術工芸大学(オーストリア・リンツ)

インタラクティブ作品の説明映像が
アニメーション作品と一緒に上演されるのは新しい試みですね

昨年のアルスではリンツ美術工芸大学のcampus2.0展
Mountain Guitarを展示させてもらったのですが
今年もこのような形でフェスティバルに関われるのはとてもうれしいです

アルスは明日から!
フェスに参加される皆様、どうぞ見てやってください

about Mountain Guitar - link -
posted by kanejun at 21:45| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

Mountain Guitar@Tokyo Mid Town

こんばんは。展示のお知らせです

昨年度、九州で開催されたアジアデジタルアート大賞2007の
デジタルデザイン(産業応用部門)で賞をいただいた
「Mountain Guitar」を東京で展示する運びとなりましたので
ご案内させていただきます。

展示会ではデジタル技術を用いたさまざまなアート作品が
展示されています。
CG静止画やアニメの他にインタラクティブな作品
(僕の先輩,田部井勝さんの「邂逅」もございます)
も多数展示されますので、お勉強/お仕事/人生の息抜きに
お時間がありましたらぜひいらしてください。

"アジアデジタルアート大賞 東京展"
日程 : 8月23日 - 9月7日
会場 : 東京ミッドタウン・デザインハブ
<アクセスマップ>
http://www.designhub.jp/access.html
<展示の詳細>
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/g-parn/event/ev07_024.html

CIMG4684.JPG
先週土曜日、ばっちり設営してきました!
なかなか好評なようで、うれしい限りです
展示にご協力いただいている九州大学ADCDUの皆様、本当にありがとうございます!!


たくさんの方に触っていただき、こすれ、傷つき、本体に味が出てくることは、それを作った私たちにとって至上の喜びです。それが一番幸せな道具の使われ方だと私は思うからです。


今後ともMountain Guitarをよろしくお願いします
posted by kanejun at 00:02| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Mountain Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

-回顧- Mountain Guitar@NHK WONDER STREET そのイチ

2週間前、NHKの主催するイベントにMGを出展させてもらいました
P8160259.JPG
当日は16時頃すごい雨・・・一時は続行も危ぶまれましたが
楽しげなドラムの音につれられてやってくる人多数
馬場さんのFreqtric Drumは文化庁で見たときから確実にクオリティが上がっていました
さらに薄く、スタイリッシュに
常に進化を続けることができるインタフェースの可能性を見た気がした
そしてやっと馬場さんとしっかり話すことができた!
文化庁のときは慌ただしすぎてお話しする暇もなかったのだけれど、今回は馬場さんのお勤め先のこと、メディアアートを取り巻く学環境の変化、僕の研究の相談にも真摯に耳を傾けてもらえて、本当に感動

終始研究に対する意見として、とても参考になったのは「一体感」というものの主観性について。この主観的なものを客観的に説明するには、一般的に「一体感」という感覚がどのように認知されているか、アンケート調査などによって調べるところから初めてもよいのではないか、という意見は、目からウロコ。
大学院の某教授を最後まで納得させることができなかったのも、この点の詰めが甘かったことに尽きる。
論文執筆時期は文章をただ客観的に書くことを目標にしていたがために、文献に頼り主体性を失ってしまった。そして、答えを焦るあまり結局主観的になる。今考えてみれば恐ろしい時期。自分を研究者とするなら、あの時期は半分死んでいたと今思う。あの過ちは二度と繰り返すまい

学校から離れて働くようになってようやく、自分の研究をやや客観的に見ることができるようになってきた。それと同時に「これが達成できないとダメ(だってこれが卒業要件だもの)」から「あれも、これも、できるかもしれない(だって失敗してもいいもの)」という風に考えを広げることもできるようになってきた。
大学院の時期は、ただひたすら答えが一つしかないという風に決めつけて、思考したり文章を書いたりしていたから、落ち着いた脳で論文に目を通して改めて自分の思考の経過を見ることができるこの環境に、身を置いてよかったと考える。

と、展示に戻って、雨だったけど、雨だったからあんなに出展者同士が話すことができたのかと考えると、天気もたまにはいいことすると思った。後で聞いた話だが、全体的に見てデジスタのブースは大盛況だったようだ。
posted by kanejun at 22:05| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

Mountain Guitar@NHK WONDER STREET

4月のMake: Tokyo Meetingから早4ヶ月
また、東京で展示の機会に恵まれました!!

http://pid.nhk.or.jp/event/PPG0006581/index.html
HPから抜粋させていただきました

- NHKではこの夏、若い世代に親しまれている番組を一堂に集め、参加・体験していただけるイベント「NHK WONDER STREET」を開催します。
会場では、番組の公開収録から番組出演者によるステージ、番組関連展示・体験コーナーなど、楽しいイベントが盛りだくさん。夜間には、ケヤキ並木通りのイルミネーションによるライトアップや来場者からのメッセージをレーザー光線で紹介する「メッセージ・レーザーショー」により、渋谷の夏の夜をエキサイティングに演出します。入場無料です。ぜひお誘い合わせのうえ、ご来場ください。 -

このイベントは、NHKの各番組がそれぞれ一つづつテントを張ってそこで楽しいブースを作る
言わば番組屋台のようなものです
この中の「デジタルスタジアム」ブースにおいて、私が以前番組で出展させていただいたMountain Guitarを出展させていただきます
http://www.nhk.or.jp/digista/review/080207_review.html
http://www.nhk.or.jp/digista/review/080627_intro.html

その他にもインタラクティブな映像作品や、楽器が展示されますのでお時間があれば是非足をお運びください!

※イベントは15,16日ですが、デジスタの屋台は16日のみになるようです
お越しになる予定の皆様、お間違えのないようにお願いいたします

今、別のプロジェクトも裏で進行しております・・・・
時期が来たら、皆様にもお知らせできると思います
乞うご期待

それでは皆様、東京でお会いしましょう!!
posted by kanejun at 19:11| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Mountain Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学院で製作したインタフェース"Mountain Guitar"について
この本の中で書いています
ani_oyaji1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。