2008年09月06日

大 問 題 発 生

CIMG4713.JPG


自宅兼美術室で作業中
今日から本気で展示準備しようと思ってシステム確認したら
DTMソフトのプロジェクトファイル、
卒展のときにバックアップとっとくの忘れていたことに気づく

それだけで十分テンパルのに、
3台のアンプのうち2台の不調が発覚
1台は出力からして虫の息

慌ててヤフオクで落としたが、受け取れるのは早くて水曜日
展示は土曜日。
幸先が悪すぎる
今までで展示が一番怖い

展示場所の音環境に大きく依存するこのドラムは
調整にいったいどれくらい時間がかかるのか分からない
最悪金曜日有給とって前日入りか それでも間に合うか

こわい
posted by kanejun at 18:35| 滋賀 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Vibracion Cajon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

美術室は、ここです

大学院時は制作のため約半年間美術室にいました
よくも悪くもいろいろな思い出がある美術室


当時の実験環境を今のアパートに作ることにしました
CIMG4712.JPG


仕事で疲れた、だから展示の準備が間に合わないとか言うのは
社会人選んだんだからもうなしにしようと思いました
必ず何かを我慢してあるいは捨てて、集中

次の展示までは後10日ほど

about Vibracion Cajon - link -
posted by kanejun at 20:48| 滋賀 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Vibracion Cajon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

ACE 2008

昨日31日付で
ACE 2008へのデモ投稿を完了しました


今月15日に送られてきたリマインダーに「えっ!?!??!?!?」てなって
締め切りが31日に伸びて命拾いして
早2週間
なんとか間に合わすことが出来た

これも周りの支えがあってのこと、本当にありがたく思います

さて、ACEといいますのは
エンタテイメントコンピューティングに関する国際会議です
今年は12月の3日〜5日に
横浜にある慶応義塾大学・日吉キャンパスで行われます
投稿形式には論文(Papers)と作品(Creative Showcase)の二通りがあります
僕は後者にVibracion Cajonを投稿しました

committeeの一覧を見ると、本当に錚々たる顔ぶれ

acceptされる可能性は低いと思いますが、毎年違う国で行われるため
次に日本で開かれるのがいつになるのか分からないので、
無理を承知でやってみました
結果はそのうち分かると思います

今回の経験で分かったことは、
「会社に勤めると、モノを作ることは難しくなるが、
その間考察を深めることはできる」ということです

これはあくまでも主観によるもので
「俺は働きながらでもモノ作りできる」
「考察はいつでもできる」
という方もたくさんいらっしゃると思います

でも今回の経験を通して、
仕事しながら、今はモノが作れなくても
考察を続けることによって研究もできる
ということが分かって、
すごく嬉しくて、
何とも筆舌に尽くしがたい思いがあります

でも成し遂げられたのは自分だけの力ではないとも実感して
本当の研究者になるまでの道のりは遥か彼方にあるのだなぁ

ふわぁ

でもこの期間
すごく楽しいひとときだった気がしています
特に自分の今の研究テーマ
「楽器とグルーヴ、一体感」
について会社の先輩と議論できたことが本当に嬉しかった
小難しいこと考えずに、誰でも共通の土俵で話し合えるテーマで激しい議論を進めていきたい

今はそんな気持ちです
posted by kanejun at 22:12| 滋賀 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Vibracion Cajon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

DEMO映像完成

一時はどうなることかと思いましたが

VCdemo.png
学会投稿用のDEMO映像がなんとか出来上がりました
これも隣のデスクの先輩のおかげ
わざわざお昼休みに付き合ってくれました
本当に感謝

A41枚のポスターも、ほぼ完成の域


またまた、様々な人の協力の下で、一つの形にすることが出来た

ここまできたら、絶対に通したい
posted by kanejun at 20:33| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Vibracion Cajon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

締め切りが先か、お迎えが先か

必死に研究成果をまとめている
今年の冬に向けて
もっと先にある今後のいろいろに向けて
締め切りが月末に延びたとはいえ、提出資料の英語がきつすぎる

でも僕の周りにのいろいろな人が、後押ししてくれる
ので
頑張れます

会社の隣の机、先輩にも研究のことを話したら
映像編集を快くお手伝いしていただけることに

そして、他部署のネイティブ先輩による文面チェック
昨日の残業後にposterの文面に関して議論を交わす
その時間実に5

ピクチャ 2.png
英語はごまかしがきかないので
「この言い回し回りくどいんじゃない?」から
使う単語とかについて色々話し合ううちに文が目に見えてきれいになっていく
と同時に、コンセプトや背景、アプローチまできれいにいえるようになってきた(気がするだけかもしれないが)
僕の研究をここまで一緒に考えてくれる先輩に本当に感動


最初はA4一枚で何がいえるんじゃと若干キレ気味だったけど
A4一枚で伝えられることが今後のためにも非常に重要なんじゃないかと思えるようになった最近

今の環境でしかできないことが出来ている気がして、とても嬉しい
この環境のおかげで大好きなおもちゃにも、研究にも携わりつづけていくことが出来る
仕事も含め色んな意味で、この会社に入ってよかったと思う


残された時間は少ない
でも、やり抜く覚悟はある
posted by kanejun at 00:22| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Vibracion Cajon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学院で製作したインタフェース"Mountain Guitar"について
この本の中で書いています
ani_oyaji1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。