2008年07月12日

メロウ


「ケツだ」
シェリフは思った。
何もかもケツだった。
とどのつまりはケツなのだった。



場面がコロコロ変わり、その散文の中で中核をなすのは「ケツ」
男女の関係をケツを中心に書いていて、なんだあ、そういうことなのかなあとも思う
同時に、それだけではないとも思う
posted by kanejun at 09:31| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

夜は一緒に散歩しよ

思考が止まない今は本に集中する

真っ暗いよるに多くの人が思うことは「し」
そんな時間を好んで散歩に出る少女

よるはいやだいやだいやだいやだいやだとおもっていると
次の日になって、またよるがいやだいやだいやだとおもっていると
普通に朝が来・・・


今好きな時間は、
15時:会社の裏になぜかいるヤギがしきりに鳴き出す
19時:夕日がきれい でも夜が来るのでどきどきする
posted by kanejun at 21:21| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グ、ア、ム

目が開いているときはたいてい本を読む最近
特にちょっと前から朝の4時に必ず目が覚める
寝れないから、と本を読んでいるとあっという間に出勤時間

だめなオネェちゃんとしっかりしすぎ者の妹、その仲の悪さにおろおろするおかんのお話

おかんは自分を含めて姉妹を
「現在・過去・未来」と例えた
うーんむむむ

一緒に生まれた姉妹兄弟でも、周りの環境でそれぞれ違ってくる
でも根っこは一緒なんだなぁ、なんだかんだ言って似ているところがある

うちの場合
姉ちゃんがとてもタフで楽観的。ギャアギャア泣く
妹がまじめで堅実、現実的。シクシク泣く
僕がふまじめで非現実的。こえなく泣く

それぞれが違うことを考え、違うことをし、違う場所にいるが
ねっこはいっしょ
posted by kanejun at 21:10| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

SPEEDBOY!

すごい疾走感で一気に読んだ
薄かったし

毛むくじゃらでめっちゃ早い人のお話


「人の意識は自分の身体にブレーキをかけるのだ。無理だと思えば無理になる。できると思えばできるようになる」

「殴り合いとか言い合いとかのけんかはしなくても、相手と通じ合えないのがはっきりすると、僕は確かに相手に対する興味を失う。」

「大丈夫だ。
良くなれることを信じるんだ。
大丈夫だ。」

いいほん
posted by kanejun at 20:18| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人のセックスを笑うな

なんだか同意する



経験か
「会えなければ終わるなんて、そんなもんじゃない」
posted by kanejun at 19:58| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大学院で製作したインタフェース"Mountain Guitar"について
この本の中で書いています
ani_oyaji1.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。